企業に倫理を職場に心を/宮城県倫理法人会

HOME > 委員会紹介 > 宮城倫理経営塾

委員会紹介

宮城倫理経営塾


塾頭:佐藤 俊明
 

1)活動方針

●宮城倫理経営塾は、倫理法人会憲章にもとづき「日本創生」10万社を目指す倫理活動を基軸とし、宮城県倫理法人会「活動理念」の下で、30周年3000社を目指して宮城県18単会の組織の拡充・活性化に貢献できる人材育成を目指し活動する。
☆ポイント1 
倫理研究所ならびに富士高原研修センターとの連携を強化しながら「純粋倫理の学びを基底とした人格育成と経営者としての資質の向上を両立させる学びの機会」として組織運営と人材育成システムを確立し、30周年3,000社達成の為に寄与する。 
倫理経営の本質を徹底して学習し、健全かつ強靭な倫理経営企業を創出する。   
☆ポイント2
倫理研究所の10万社達成を目指す普及拡充のスローガンの下で、18単会のすべてが正法人会(理想は130社以上)に昇格することを目標として、卒塾生が組織活動の  
活性化の一翼を担う重要な人材として育成するためのシステムを確立する。 
倫理経営者を輩出することで、出身単会の組織の活性化に寄与すると共に、宮城県全体の組織拡充の推進力を担う。    



2)具体的活動項目

@ 倫理経営のテキストとして活用してきた「繁栄の倫理(みち)」を、副読本的な内容から倫理経営の本質的な理解を深めるための内容に改定すべく、今期も引き続き倫理研究所との連携をさらに密にして、30周年の年にはテキストとして完成させる。
A「経営計画書」テキストを活用し、6ヶ月間の宮城倫理経営塾カリキュラムの充実をはかる。
B 元気で前向きな経営を続ける卒塾経営者と倫理経営実践会員を数多く掘起こし、宮城倫理経営塾において、助言者の立場として、共に学び、共に成長する場であることを自覚して、積極的に塾の運営に携わる「利他の精神」の醸成を図る。
C 第17期宮城倫理経営塾塾生募集に際しては、自単会の組織活性化を担うと期待される会員に対して、原則としては、県内全単会から積極的に入塾を促すという意味で、単会会長と専任幹事の2名からの推薦を頂き、入塾生の定員は20名で運営する。
なお、県外からの入塾希望者に関しては、県内を優先的に入塾させ、最小限に止める。
D 多くの宮城倫理経営塾卒塾生が更にステップアップし、実践をする機会づくりを企画し、第17期宮城倫理経営塾でのサポート力の向上をはかる。
☆ポイント:過去の卒塾生から、塾運営の中核を担う人財を選任し、リーダー役を果たして頂く。さらに、第16期生は第17期生に対しサポート役としての役目を担いながら、新たなる視点で自分たちの作成した理念や経営計画の見直しを図る機会として生かす。

<経営塾開講計画>
1.事前の運営会議について、開講前に年間2回開催する。(10/14、11/19)   
 ・10月は、運営スタッフによる全体会議(日程ならびにチーム編成など)を行い、第15期卒  塾生の計画書策定後の進捗状況の発表会を開催する。     
 ・11月は、入塾予定者に関する入塾資格の協議と事前打合せを行う。    
2.総括会議について、卒塾式後に1回開催する。(8/26)           
3.2月〜7月の半年間、6回開講する。なお、詳細は次のとおりとする。
    
(1)第1講: 2月11日(土)12日(日) 開催場所:茂庭荘
 【キックオフ】入塾生に対する個々の意思確認と全体としての決意の確認を行う。
 【キーワード】「非日常」と「心グセ」について重要性を徹底的に刷り込む。
 【ポイント】役員朝礼のスタイルにて毎回、研修の機会をつくり、所属単会でのリーダー役に       なれるよう、訓練する。
(2)第2講: 3月11日(土)・12日(日) 開催場所:茂庭荘
 【キーワード】現役の倫理法人会の経営者の中から講師を選定する。

(3)第3講: 4月21日(金)・22日(土)・23日(日) 開催場所:富士研
 (目的)
経営理念策定にあたり「純粋倫理の基本的な意義」を学ぶ貴重な機会とし富士教育センターにおいて「非日常の空間と時間」に身を置き、執行部並びに運営スタッフおよび塾生が共に学ぶことで一体感を醸成し「恩の遡源」を基底とした理念づくりの重要なターニングポイントとする。
(4)第4講: 5月13日(土)・14日(日) 開催場所:茂庭荘
(目的)
富士教育センターにて学んだ貴重な体験(心身一致の行)をもとに、先代や両親並びに職親などへの恩意識を大切にして、家族や社員のサポートに感謝して「経営理念」ならびに「経営計画策定」に対して、より内容的に具体化出来る様、徹底してゆく。

(5)第5講: 6月10日(土)・11日(日)  開催場所:茂庭荘 
(目的)
3000社達成記念式典開催に向けての普及拡充活動に支障が起きないよう配慮しながら、塾生に対する「補講」などを充実させ、最終的な「理念づくり」と「計画書策定づくり」のサポート体制を整える。

(6)第6講  7月9日(日)<経営計画発表会・卒塾式> 開催場所:茂庭荘
・塾生の発表会に、多くの関係者の方々の参加を頂き、30周年記念の節目の年に相応しい内容の充実を図る為、執行部・運営スタッフ一丸となり取り組みます。











一覧に戻る
■宮城県倫理法人会事務局
〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-2-20
KDX仙台ビル5階
TEL (022)222-7910
FAX (022)222-1527